トイレの水のトラブル

それではクラシアンが対応することが多い水のトラブルとして、最初にトイレについて紹介します。トイレは非常に水のトラブルが多い場所であり、自分で対処できるものもあれば、自分で対処することが難しいものもあります。それでは、トイレを代表する水のトラブルとしてどのようなものがあるのかを紹介します。

頻発するトイレの水のトラブルとしては、「詰まり」があります。便やトイレットペーパーなどが詰まってしまって流れなくなり、流そうとする水が便器の中に溜まってしまうというのがこのトラブルとなります。そのまま水を流し続けると解消する場合もありますが、そうでない場合は便器が使用できなくなってしまうため非常に困ったトラブルと言えるでしょう。

これについては、自分でもある程度対応できます。ラバーカップという専用の詰まり外しの道具を利用することによって、簡単に解消する場合もあるためです。ただし、ラバーカップで解消できなかった場合は、そのまま放置しておくとやがて便器から汚水が溢れてしまうようなことも考えられ、大きな水のトラブルにつながってしまいます。

また、トイレの水のトラブルとしては、水漏れもあります。便器の隙間などから水が漏れてしまうもので、これも対処が必要なトラブルとなります。詰まりと違い、自分では対処が難しいでしょう。